Sales Popup
Surat, Gujarat
6 hours ago
×
The item can't be shipped to your address

ダイレクト イングリッシュ マレーシア

1. イングリッシュ・マレーシアに、この地域の英語学習者のより広いセグメントにリーチするよう指示する

ダイレクト イングリッシュ マレーシアは、先月クアラルンプールに独自の語学センターであるダイレクト イングリッシュ インターナショナル ラーニング センター (DEILC) を開設し、この地域での事業展開を拡大する予定です。

DEILC の開設は、マレーシアの副英国高等弁務官である David Thomas 氏によって執り行われました。彼は、マレーシア教育省やクアラルンプール英国高等弁務官事務所など、さまざまな機関や組織のゲストや代表者とともにイベントに出席しました。

マレーシアのチームは、この国でそのユニークな学習方法への関心が高まっているため、正式にダイレクト イングリッシュ スクールを開設しました。目的は、専門家や大学生に学習ハブを提供し、国内の視聴者とユニットのフランチャイジーを大幅に拡大することです。

今年の 1 月以来、700 人以上の英語学習者がダイレクト イングリッシュ マレーシアで学習しています。 600人以上が将来の入学のために英語スキル評価を完了したばかりであるため、学校での新しい機会により、より多くの入学が予測されています.

最近の成果の 1 つは、国際的に実績のある方法で英語の授業をマレーシアの大手直販会社である Elken 社に提供したことです。参加者の最初のグループは、主にさまざまな事業および運営部門の監督者、上級管理職、および管理者で構成されていました。 Elken は、香港、台湾、ベトナム、カンボジア、フィリピン、タイ、ブルネイ、シンガポールなどの国々を含むアジア太平洋地域で強い存在感を示しており、同社の人材をアップグレードするために Direct English を選択しました。

Direct English マレーシアの野望はここで終わりではありません。情熱的なチームは、継続的な CSR イニシアチブも持っています。

先月、「BEST プロジェクト」CSR イニシアチブは、マレーシア、シンガポール、インドネシア、インド、ベトナム、タイ、オーストラリア、日本、韓国、フィリピン、香港、日本、南アフリカのオンライン ニュース ポータルを含む、国内外で広範囲に報道されました。 、中国、台湾、ナイジェリア、ニュージーランド。

「『BEST』プロジェクトは、英国の Melewar グループと Direct English がその役割を果たし、教育省とマレーシア政府の多くの目標の実現に貢献してMelewar Group のグループ エグゼクティブ チェアマンである Tunku Dato' Seri (Dr) Iskandar Bin Tunku Abdullah 氏は、次のように述べています。

2. Direct English Malaysia はこのプロジェクトに全額出資しており、スポンサーとして RM525,000 を約束しています。

昨年の発足時にマレーシア教育省副局長を代表した、教育省の全寮制および優良学校管理課のディレクターである Tuan Aidie B. Jantan 氏は、Direct English の多大な貢献を認めました。 「ダイレクト イングリッシュ マレーシアと PINTAR 財団とのこのパートナーシップは、国際的に競争力のある知識ベースの社会を発展させ、力強い経済成長を達成するという国家の願望を実現する上で大きな役割を果たしています。そして、より多くの企業がこれらの模範的な取り組みを模倣することを願っています」と彼は述べました。

野心的なチームは今週、クアラルンプールで開催された女王陛下エリザベス 2 世の 93 歳の誕生日のお祝いのスポンサーを務めたことで、もう 1 つのマイルストーンを達成しました。

このニュースについて、Direct English Malaysia の GM である Philip Lim 氏は次のようにコメントしています。今後数年間で、国際的に証明された英語学習方法を通じて、この地域で選択される英語トレーニングプロバイダーとしての地位を確立できることを楽しみにしています。」